Latest Entries

自分で撮りためた高画質な写真を売りたいという場合。

先日、ガイアの夜明けで、ハンドメイドの商品を販売する話しが放送されていました。

番組ではGMOペパボ(旧Paperboy & Co.ですよね)の、サイト「ハンドメイドマーケット minnne」で販売に成功している方の話しでしたが、たぶん成功しているのは一握りの方のような気もします。

まあ、とりあえずちょっとした才能やセンスのある方は、そういったサイトで自作の商品を売るのも楽しいでしょう。

ただ、もう少し敷居の低い(?)自作の商品を売ることのできるサイトがあります。

そう。タイトルにも書きましたが、「写真」です。

いやいや、写真はフォトグラファーとかプロのカメラマンとか大勢いるから、アマチュアの出る幕はないんじゃない?と思っている方が多いとは思います。

もちろん、解像度が低いとか、ピンとが甘いとかは論外ですが、必ずしも絶景だったり、絵葉書の世界ばかりが求められているわけでもないのが実情です。

例えば、ローカル線の駅ばかりをやたら撮った写真とか、地元の漁港の風景を撮りまくった写真とか。
逆に売れないだろうと思われるのが、名所だったり有名な観光地の写真だったりでしょう。

また、趣味で撮ったお寺のアジサイや公園のチューリップ、水仙みたいな(場所を伴わない)素材的な写真も売れづらいと思います。

有名な観光地だとしたら、その裏通りとかならまだ面白いかも知れません。

例えば、下記は(解像度も悪くピントも甘いですが)上海の裏通り。


上海

上海

上海に行ったとき、庶民の住む街の風景を何十枚と撮りました。
画質の悪さもあって、単なる思い出写真になってしまいましたが、もし高画質でピントもしっかりしていて、バリエーションも100枚以上あれば、売りに出したかもです(笑)

やはり、名所だったり有名な観光地の写真も、アジサイやチューリップも既にイヤというほど氾濫しているわけです。
それよりも、「わざわざ撮りに行くほどでもないけど、1枚あったら助かる」的な写真のほうが売れると思います。

以前、千葉県の木更津駅からのびている久留里線沿線の周辺の写真が欲しいと思ったことがありましたが、そもそも木更津も久留里線沿線も観光地ではありませんし、リース写真や販売しているCDにはないのです。

そういう視点(観光地や名所ではない風景)でテーマを探し、写真を撮られると、その写真が売れるチャンスはあると思います。

どこで売る?
もちろん自分でECサイトを立ち上げるのは大変なので、写真販売サイトに登録して売ってもらうのがいいと思います。

私の知っているサイトは、写真、イラスト、動画のダウンロード販売をしている、PIXTA(ピクスタ)ですね。
私は仕事上、写真を購入する側の人間ですが、月間1~3万円程度、枚数にして毎月20枚ぐらい、PIXTAで買って使ってます。
(宣伝するつもりはないですが)
素材を販売したい方向けのページには、プロアマ問わず、誰でも写真・イラスト・動画の販売ができるとあります。

ご興味がある方はPIXTAのサイトをご覧になったら如何でしょうか?

今さらながら「ネットの釣り師」について。

ネット釣り師とは通常、掲示板等に偏見や超自己中心的な意見を投稿して読み手を怒らせたり反論させたりする愉快犯のような人のことを指します。

例えば、例が古いですが、

本屋で、夕食のレシピを写メールしていただけなのに、怒る店員をどう思いますか?
私は何も悪いことはしてないのに・・・
娘や夫に美味しい料理を食べさせてあげたいと思い、本屋で料理雑誌を読んでいました。
何冊かに欲しいレシピがあったので、写メールで次々に欲しい本を撮っていたのですが、しばらくすると店員がやってきて、「買わないのであれば止めてもらえますか?」と言われ腹が立ちました。(後略)


これなどは、釣り師としては“ネタ臭”が、かなり匂うほうだと思います。
ただ、やはり多かれ少なかれ釣られて反論する人もそれなりにいるわけで、その炎上度合(反論の数)が釣り師の愉しみ。

昨日、別のブログで、さきほどの例(本屋で夕食のレシピを写メして何が悪いの?)よりも秀逸なネット釣り師の記事を書きました。

参考:「東京成長学校」式 アクセスアップ法。

その記事で採りあげたブログも、ちょっと他の投稿記事もあわせて読めば“釣り”とわかります。
しかし、1つの記事(単体)だと判断に迷うというネタの創作レベル、および投稿が「あまりに非常識(理不尽)な目に遭っている相談者」と、「その理不尽さを肯定もしくはスルーしてしまう回答者」という独創的なシチュエーションを編み出している点で秀逸と思った次第です。

秀逸かどうかの判断は当然、釣りとは思わなかった(=マトモに受けて反論する)人の多さでしょうが、詐欺じゃないけれど、騙すための創意工夫や文章力がモロに試されるという点が面白いんでしょうね。

ちょっと歪んでいるというか、決してホメられた趣味ではないはずですが、かなり頭を使うというか、知的(?)な創作作業じゃないかと思います。

前述のシチュエーション(相談者と回答者)を借りて私もちょっと考えてみたのですが・・・。

【相談者:高校生】
英語が好きで英会話の塾にも通っていますが、今度英語の弁論大会にエントリーしようとしたら、容姿の問題で担任から辞退するように言われました。

【回答者】
時々聞く話ですね。こっそりプチ整形に行かれて、担任に再度評価していただくのもよいかも知れません。

0.5秒でネタとわかりますかね。


超初心者向け、初めての独自ドメインとレンタルサーバ。

自分だけのドメインを取りたい。取ってホームページ(ブログなど)を公開したい。
いま独自ドメインでホームページを個人的に持っている人なら、誰しも通ってきた道だと思います。

ま、普通は独自ドメインではなくて、FC2などの無料サービスや無料ブログを利用して、慣れてきてから独自ドメイン+有料サービスに申し込むのでしょうけれど、一足飛びの人もいるでしょう。

最も簡単にドメイン+レンタルサーバを取得できるのは、お名前.com(www.onamae.com)あたりでドメインを取って、その流れでレンタルサーバも契約してしまうのがラク。
ただし、お名前.comのレンタルサーバは月額税別900円(3か月無料)で、個人のお小遣いではビミョウに高いかも。

個人でブログとかするレベルであれば、ムームードメイン(http://muumuu-domain.com)で独自ドメインを取り、ロリポップ(lolipop.jp)のロリポプランというレンタルサーバを借りるという方法がベター。
ちょっと面倒なのが(上記ムームーもロリポも同じ会社ですが)別々に申し込まなければならないところ。

続きを読む

個人・家庭で使っているパソコンの廃棄でやっておくべきこと。

今回は主にご自宅だけでパソコンを使っているだけの方にアドバイスする感覚で書きました。

職場で使っているパソコンであれば、会社の重要書類とか仕事上の機密といった情報がPCに残っているであろうという想定で、廃棄やリースの返却時には徹底した消去作業を行うのが慣例となってきていると思います。

ひと昔前ですと(今でもまだあるかもしれませんが)ただファイルを削除しただけ、とか、初期化(フォーマット)しただけとかの会社も多かったかと思いますが、いまそれしかやってないケースは少ないと思います。

ただ、職場はそういった対策が進んでいても、家庭(個人)のPCは相変わらずファイルを削除しただけだったり、ソフトをアンインストールしただけだったりで廃棄業者に渡してしまう方も少なくないようです。

続きを読む

ソックリ広告博物館というサイトがあります。

(別のブログの記事でしたが、やめたのでこっちに記事を引っ越しました)
ソックリ広告博物館というサイトがあります。
http://www.artparadise.com/museum/index.shtml

トップページにサイトの趣旨らしきものといえば、

本ホームページは、知的財産権に対する意識の向上を目的とし、法令に基づき、公表された著作物を比較対照する形で引用再構成しています。


これしかみあたらないのですが、運営されているのは(株)アートバンクという京都の会社で、レンタルのイラストや写真などを提供してくれる事業をしています。

続きを読む

絶対にやってはいけない(逮捕の危険もある)違法動画のアフィリエイト。

このブログは、あまりアフィリエイトのことを書いていないのですが、その数少ないアフィリエイト関係の記事にアクセスが多いようなので、ちょっと書いておきます。

2013年10月に下記の記事を書きました。

「違法動画で見逃したドラマ/バラエティ番組を見ちゃった」って聞いたけど、それってなに?

数ある動画共有サイトの話ですが、特にFC2動画に、アフィリエイトを目的としてTVや映画、アダルト関係の違法アップロードが目につきます。

続きを読む

いまさらだけどデータベースってなに?

ここではネット上で使われる、つまりWebサイトで使われるデータベースとしておきます。
また、専門家がこのページを見るわけないでしょうから、あまり専門的なことは省きます。

さて誰しも、データベースって言葉はよく聞きますよね。

「Amazonで本を買ったので私の氏名、住所とか、購入履歴などがAmazonのデータベースに保管されちゃったはず・・。」とか「アンケートの集計はデータベースでやってるんだろう」とか。
なんだか膨大なデータが収納されていて、いろんな分析ができるモノなんだろうなと、イメージしたりします。

ただ、分析そのものはデータベースがやってくれるというより、こういう計算で結果を出しなさいって命令したら、その結果を返してくれるものといえます。

例えばデータベースに入っているのが、なにかの会員情報とすると、「本日付で20歳未満の男性の記録が見たい」と思えば、「本日の年月日の20年前の年月日と比べて、生年月日が同じかそれ以上に少ない人で、かつ性別が男」という操作命令を出すと、条件にあう人を「はいどうぞ」と出してくれるわけです。
(細かいことは抜きにします)

続きを読む

「違法動画で見逃したドラマ/バラエティ番組を見ちゃった」って聞いたけど、それってなに?

著作権違反の動画をネットで見たという話です。
ドラマ、バラエティ、ドキュメンタリーなど、あらゆるTV番組や映画が放送日のあと早ければ半日で違法にアップロードされ、無料で視聴できたりします。

ただし、違法動画とはいえ、視聴者はいまのところ罰せられません。
実際には、そのようなサービスをしているサイトは国内ではなく、中国、韓国、フランス、アメリカなどでサーバサービスを展開していることがほとんどです。

例えば、下記。

続きを読む

いまさらながら、お小遣い程度のアフィリエイトブログを始めるには?の話。

この記事は、遠回りした自分の経験をベースに、「いま始めるならこうだったよなあ・・」という気持ちも込めて書きました。
遠回りとは、失敗というか、お小遣いを稼ぐという意味ではベターではない方法を自分はとってしまった。ベターではなかったが故に、(いまはお小遣いになってるけど)何年もかかってしまったという意味です。

さて、お小遣い稼ぎ、となると幾らぐらいなのか?
そりゃ高ければ高いほどいいのでしょうけど、一応下記のような方を対象にしておきます。

・サラリーマンやOLさんで、ちょっとお小遣いが足らない。
・ン万円とまではいかないけれど、ン千円、できれば1万円は欲しい。
・勤めているので、毎日コツコツポイントを稼ぐようなことはできない。

じゃあ、やっぱりブログですよね。
で、どんなブログを作るか?どこでブログを始めるか?はひとまず置いといて。

まずは、どんなアフィリエイトをするか?

続きを読む

BIGLOBEの「ほぼスマホ」は、結局使えるの?

先日、会社支給のケータイと事業所用PHS(社内では内線電話、外ではケータイPHS)、個人のケータイと、3つ持ちの知人と会いましたが、3つ持ちはイレギュラーとしても、会社と個人用の2つ持ちの人は多いですね。

で、本題の「ほぼスマホ」の話。
思わぬ?人気だったのか、最近まで在庫切れで募集停止してたと思いますが、今(2014.04現在)どうなってるのかわからなくて、改めて公式サイトを見ると、3GでLTE回線で地方も安心って、なんだか初期より進化してるプランで販売してましたね。

続きを読む

Web制作費の相場について。

先般(1つ前の記事で)
ホームページがまだない会社だけど、いまさらながら作るには何をすればいい?
というものを書きました。

だれも読まないだろうと思ったら、意外にアクセスがあったので、その流れで今回は書いてみました。

さて、Web制作費って、いったいいくらが妥当なのでしょうか?
実は私も制作者の立場ですが、Web制作費と簡単に言ってのけるほど目的や機能が単純ではないのと、ページあたりという単価が出しづらいため、世間相場という点ではそれほど明確には把握していません。

続きを読む

ホームページがまだない会社だけど、いまさらながら作るには何をすればいい?

今回は郷里の自営業者の友人に教えるレベルで書きました。
また「ホームページを作る」というと、何の?どの規模の?となってしまいますので、コンサル会社が絡むとか、システム開発が絡むといった大がかりなサイトではなく、基本的な例、例えばまだホームページがまだ無い小さな会社を想定して書きます。

続きを読む

いまさらですが「クラウド」ってなに?

今回はパソコンは使うけど、不具合があると丸ごと部下に見てもらう部長さんとか、隣の部署ではよく聞くけど、うちの部署にはカンケーないというOLさん向けに書きました。

「これからはクラウドコンピューティングの時代だ」とか、「コスト削減にはクラウド化が必要」といった言葉が氾濫しています。しかもその言葉は通信事業者をはじめ、電機メーカーも、インターネット接続プロバイダーも、レンタルサーバ屋さんも、ソフトウェア会社も、こぞって使っているかのようです。

この「クラウド」という言葉は雲(英: cloud)のこと。
そもそもインターネット網を図で表す場合には、雲のカタチをしたものを慣習的に使うことが少なくありませんでした。
例えば下記のような図。

続きを読む

いまさらですが、サーバーってなに?パソコンとどこが違うの?

うちのド素人のカミさんが理解できるぐらいに、ちょっと易しすぎる程度に書いてますのでご容赦ください。

インターネットでもWWWサーバーやメールサーバーにアクセスするとか、サーバーにハッカーが侵入したといった話はよく聞きます。
会社の中にもファイルが置いてあるサーバー(ファイルサーバー)とか、プリンタのサーバー、経理や人事の重要なデータが入っているサーバーといった言葉もよく耳にすると思います。
見た目、会社に置いてあるサーバーは、ラックにまるでオーディオのアンプのような状態で収まっているものもあれば、普通のデスクトップパソコンのような形をしているのもあります。

続きを読む

首都圏で一人暮らしをするなら、ネット接続はWi-Fi(UQ WIMAX)も1つの選択。

このブログの1つ前の、ネット接続契約についての記事で、

もし1人暮らしで(家族の利用がなくて)、電波状況がよさそうであれば、Wi-Fiで済ますこともアリかもしれません。ただし月間パケット使用量に制限のないのは今日現在、UQ WiMAXしかありませんけど、WiMAXで申し込むときにWi-Fiルータを買えば割安だし手続きも楽です。


と書きました。

一人暮らし、つまりネットを共用で使う人がいなければ、Wi-Fiルータを持ち出して、外でノートPCやスマホをWi-Fi接続で使うこともできますし、ADSLやフレッツ光のルータも工事も要りません。

続きを読む

インターネットの回線契約とプロバイダー契約が、イマイチわからない?

実はインターネットの接続契約って、自分でやったことがなくてイマイチわからないという人は意外に多いもの。私自身、ベッコアメインターネット、OCN、東京めたりっく、YahooBB、BitDriveといったプロバイダーとの契約や、NTTとのDA64専用線、Bフレッツベーシックの接続回線の契約といった経験がありますが、なかなか慣れませんす。

簡単にいうと、インターネット接続をするには
・回線事業者(NTT)
・インターネット接続プロバイダー
と、2つの業者が存在し、基本的には「回線」+「接続サービス」の、それぞれの業者との契約が必要となります。
しかし接続形態によってはそれが一体化している場合もあり、それでこんがらがってしまうのだと思います。

続きを読む

Googleから自分のサイトに関するメッセージや情報を、どうして得られるの?

この記事は、そもそもGoogleのウェブマスターツールというWebサービスを知らない方に向けて書いたものです。

よくGoogleから警告やメッセージが来たとか、そんな記事を目にしたり聞いたりしたことがあるかと思います。メッセージ以外にもGoogleに対して設定や登録をしたとか、指摘を受けたところを改善したとか、そんなことを耳にされたことはあるでしょうか。

それらはGoogleのWeb管理者向けサービス「ウェブマスター ツール」によるものと思います。

続きを読む

2ちゃんねるは危ないサイトなのですか?

この記事は「2ちゃんねる」なんてけがらわしくて行けない、フリフリのドレスを着た深窓のお嬢様とか、PTA活動にいそしむ専業主婦の奥様とか、日経新聞と日経BP社の雑誌しか読まない大企業の役員の方とかに読んでもらえたらいいな、という願望で書いています。
たぶん無理でしょうけど(笑)

2ちゃんねるは、1999年5月30日、西村博之氏によって公開された匿名で書き込みができる、数多くの掲示板が集まったサイトです。
まず、「2ちゃんねる」そのものを理解していない方は、はてなキーワードの説明でも読んでください。

続きを読む

昔よく聞いた「相互リンク」って、まだ活発なの?今はどうなってるの?

日本でWebが商用解禁されたのが1993年。初めは大手や有名な法人のホームページができ始めましたが、その2年後ぐらいには早くも個人のホームページも散見できました。
私の個人的経験ですが、1997年に作った(今は会社自体がないですが)海外の某旅行サイトでは、個人で海外の情報(例えばフランスのワイナリーを訪ね歩く)を掲載しているサイトに、相互リンクを申し込んだりしました。

今では法人のサイトが個人のサイトに相互リンクを申し込むこと自体、ありえないと思いますが、それだけサイトの数が少なかったことと、類似した情報サイト同士がユーザーの送り合いをするという意味で、効果のある方法だったのだと思います。

続きを読む

いまさらですが、SEOってどういうものでしょうか?

Web制作者の端くれとして、制作者の立場でSEOについて初心者向けに書いてみました。
SEOはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」と訳されています。
検索エンジンの結果表示の表示順について1つ前の記事で書きましたが、自サイト(ページ)をできる限り上位に表示されるようにする技術や、施策を指して言います。

また、SEOは内部SEOと外部SEOという分け方をします。
内部SEOは、Webサイトの構造やWebページの書き方を整備したり、コンテンツの質を高めたりといった施策によって、検索エンジンに好まれる(的確に情報を収集してもらえるような)工夫をすることを指します。

続きを読む

Appendix

プロフィール

Author:basic3212
Webの企画・設計屋です。

AD

最新記事